2017年12月31日更新

脂肪が気になる方はオーリスタットで解決

脂肪が気になる女性セルライトは、皮下の脂肪細胞と脂肪細胞や老廃物、リンパ液、コラーゲンなどが固まったものと考えられており、脂肪細胞から分化した線維芽細胞が皮膚を引っ張って肌に醜い凸凹を形成する事から女性の敵とされています。
皮下脂肪は、糖が1gで4kcalであるのに対して、脂肪は1gで9kcalと倍以上のエネルギー量がある事から、有事に備えて蓄積された栄養であり、有事には内臓や筋肉などに消費され減少します。
一般的に皮下脂肪の塊とされるセルライトは、エステなどの特別な対処法でないと取り除けないと認識されていますが、セルライトを形成する脂肪細胞は健康な脂肪細胞と変わりが無く、有酸素運動と適度な食事制限により皮下の脂肪細胞を減少させてセルライトを無くす事が出来ます。
ダイエットやセルライト除去の為に、過激な食事制限や過激なエクササイズ行って、肌の老化現象や生理不順などの体調不良、ストレスによるリバウンドなど逆効果になる事も多々ありますが、スイスのエフ・ホフマン・ラ・ロシュ社が開発したオーリスタットは食後1時間以内に服用するだけで高いダイエット効果を発揮します。
オーリスタットは、胃や腸などの消化器官で脂質の分解を促進させる消化酵素リパーゼの働きを阻害して、飲食で摂取した脂質の約30%の吸収を減少させるので、過激な食事制限は必要が無いとされています。
オーリスタットは、従来の肥満症の治療薬である食欲抑制剤の様に神経中枢に作用する事が無い為、薬物依存や高血圧症などの重篤な副作用が少なく、数日で身体の外に薬の成分が排出され内蔵への悪影響も少なく非常に安全な医薬品とされています。
しかし、オーリスタットも医薬品なので体質により、アレルギーや肝機能障害、腎機能障害などの副作用が発症するケースもあります。